XLPAT最新バージョン
6.0のリリースについて


開催日:2020年9月14日(月)
時 間:午後2時から

参加ご登録


お待たせいたしました。ここに、XLPATバージョン6.0のリリースを発表いたします。



最新バージョンでは、従来機能の改善とともに、全く新しい機能の追加も行いました。

新しい機能は、解析作業の時間と手間を軽減し、単なるデータ以上のものをご提供いたします。

グラフィカルな分析、AIと専門調査員を組み合わせたハイブリッド調査等により、データ分析力を向上させました。

最新バージョンは、新機能の提供にとどまらず、ユーザーに全く新しい体験をご提供いたします。

ご期待に応える主な機能のご紹介

  • SDI(選択的情報提供)におけるノイズフィルタリング機能
    競合他社や技術に関する情報提供(SDI)に関するノイズフィルタリングのアルゴリズムの開発により、誤った情報提供を削減することができます。
  • SEP(標準必須特許)検索モジュール
    標準必須特許検索モジュールは、ユーザーが標準必須特許を検索、分析、追跡するのに役立つモジュールです。ETSI、3GPP標準、ETSI IPR宣言(SEP)が含まれています。他の主要なSSOの規格もご希望に応じて含めることができます。
  • 課題の高度な抽出機能
    度重なる試行錯誤と研究開発の結果、文章を正確に理解し、文中の単語の関係性を自然言語処理(NLP)で分析することで特許文献中の課題を抽出することに成功しました。
  • 特許ライセンス ― 機械学習(ML)モデルで過去のデータセットを学習
    XLSCOUTは、競合他社、製品、過去の特許/製品マップ、標準化データ、米103条拒絶データ、および25以上のその他の指標からの情報をピックアップして、特許マップに適合する潜在的な製品を予測するために自然言語処理(NLP)/機械学習(ML)を用いた機能です。
    訓練された機械学習(ML)モデルは、特許マップに適合する潜在的な製品を予測するために有効なツールとなります。
  • AI対応コンセプトクラウドの能力向上
    コーパス辞書の使用で、意味を持つ深い概念の作成が可能になり、コンセプトクラウドが大幅に改善されました。
  • カスタマイズされたランドスケープレポート
    XLPATは、従来のテクノロジーと自然言語処理(NLP)をブレンドした新しい方法を使って、より深い理解のもとに、コンテクスト(文脈)に基づいた分析を可能にします。
  • 「Digi Dash」― 専用のデジタルリポジトリ
    特許調査プロジェクトを効率的に管理し、将来的に学習モデルに投入するための「DATA READY」の保持方法を再定義します。
  • 特許審査のアラート
    XLPATの包袋管理アルゴリズムは、新しいイベントやファイル履歴の変化を時間の経過とともに追跡することができるようになりました。審査データやその他の重要なイベントをワンクリックで簡単に追跡することができます。
  • 高度なデータ処理 - 分析のパラダイムシフト
    データのクリーニングと前処理のアルゴリズムをインテリジェントに処理することで、データ品質を向上させ、分析と学習モデルのための「DATA READY」を向上させました。


開催日:2020年9月14日(月) 時 間:午後2時から

14:00 - 15:00新機能のご紹介①

15:00 - 15:05小休憩

15:05 - 15:50新機能のご紹介②

15:50 - 16:00質疑応答

Email: p.sharma@xlpat.com | Website: www.xlpat.com
Copyright © 2020 XLPAT. 無断複写・転載を禁じます。